よく目が合う

よく目が合うのはどうして?

ふと気が付くと、いつもあの子と目が合う。そして、何度も目が合う・・・。そういう機会が度々あると、最初は何とも思ってなくても、相手の女性の事が気になってくるのが事実。目が合うということは2つの意味があります。

1つは、あなたに興味を持っているため。もう1つはあなたからの視線を感じたためです。

1つ目の理由は、人間は興味のあるものに視線を向けてしまうという性質があります。人はわざわざ嫌いな人に目を向けないですし、目も合わせようとはしません。目が合うというのは、相手に興味や好意があるという表れで、相手の中で自分が気になる存在になっている可能性大。もし、職場でよく目が合う人がいる場合、挨拶からはじめてみましょう!一気に仲良くなれるかもしれません。

2つ目の理由は、あなたの視線を感じたため、相手が視線を向けてきたという場合です。人は自分へ対する視線を感じるものです。あなたが気づかない内に熱心に相手を見つめ、それに相手が気づいたというパターンの場合もあるでしょう。人は好意を向けられた人に対して、自分も好意を示そうとします。自分から視線をなげて好意があるというアプローチをかければ、相手も自分に好意を持ってくれるようになりますよ。

よく目が合うけど、相手が自分に好意を抱いているのか確信が持てない…そんな時には、恋愛の専門家に相談するのが一番です!